梅染め

  • 2017.01.30 Monday
  • 17:45

 

 

梅の枝で染めました。

 

先っちょに朝露のような、まぁるい小さな蕾をつけている枝もあって、やはりどうしても胸がちくちくするのですが、真摯に色をうつしとることに徹します。

 

煮出した染料は紅茶のように赤みがかっていて、1回目の染めでは、赤ちゃんの肌ような薄いピンク色に。

 

しっとり感とか、ぬくもりとか、色とは関係のない形容が自然に出てくるような、穢れのない色に見えました。

 

このままそっとしておきたい、このままとどめたい、と思いましたが、重ね染めないことにはこの色も消えてしまいます。

 

でも、重ね染めればもはやこの色ではなくなってしまいます。

 

植物の、このひと時の色を覗き見ることができるのは、草木で染めをする人の特権かもしれません。

 

藍染めの、空気に触れる寸前の、一瞬の緑もそうでしょう。

 

草木染めに限らず、自然の恵みをいただいて手仕事をしている人は、それぞれの一瞬の隙間の贈り物を目にしているのかもしれません。

 

 

結局、梅染めは、鉄媒染で茶味がかったグレーに。

梅染め

 

赤ちゃんが成長して、落ち着いた大人になった感じ。

 

求めれば求めるだけ色は遠くなってしまうけれど、どの色もしっくりくるのは、植物からやって来た色だからなんだと思います。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM