工房からの風へ

  • 2017.10.15 Sunday
  • 15:39

 

 

昨日は、工房からの風へ。

工房からの風2017看板

 

今年度の出展作家さん、ako hirosigeさんのお手伝いに行ってきました。

 

ヤクやキャメルの原毛を紡いで、帽子などを編まれている作家さんです。

 

お天気が心配されましたが、降ってもポツポツくらいで、お客様も傘をささずに楽しんでいらっしゃる。

 

akoさんのブースは森の中の小さな帽子屋さんといった雰囲気で、天気が心配どころか、かえってakoさんの作品の温かさ柔らかさがきちんとお客様に伝わって、とても良かったのです。

akoさん展示

 

 

今年の工房からの風は記念すべき第15回、メセナ大賞やグッドデザイン賞も受賞され、そしてなによりたくさんの方々の想いが今年もいたるところで感じられて、あぁ、やっぱりいいなぁ、と。

 

昨年、出展させていただけたこと、幸せな時間だったなぁ、と。

 

 

今年、特に印象に残ったのは「言葉のテント」のブース。

 

企画運営に協力された工芸作家さんたちが、それぞれ選び持ち寄った大切な本が棚に並んでいました。

工房からの風2017ことば

 

それぞれの本に、なぜこの本を選んだのか、この本と向き合う時はどんな気持ちか、この本にどう支えられているか、等々、綴られた小さな紙片が栞のように挟まっています。

 

我が家の本棚にも並んでいる本や好きな詩人の本を手にとってみて、紙片を読んでみる。

 

それが好きな工芸作家さんが選んだ本だとわかった時の嬉しい驚き、そして大切な言葉をこっそり教えてくれたような喜び。

 

手仕事のものつくりと、言葉。

 

 

今日は2日目、お手伝いには行かれませんでしたが、天気はどうだったかな、とか、いろいろ気になりながら過ごしております。

 

みなさんが笑顔で終われますように。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM